Archive RSS Login

実録・神奈川の集団ストーカー犯罪

この国にも自分達だけの特権に酔い痴れる「選民」気取りがいる。私はその獣達によって社会的に抹殺された。自我という概念が消滅しつつある危機を知らしめるべく、ここに私の体験とそれに連なる真実を記す。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 考察 > 思想的背景   Tags: プロパガンダ  ゲッベルス  マインドコントロール  国民ラジオ  強制的同一化  フィードバック  仄めかし  ヒトラー_~最期の12日間~  陰謀論  

ナチスドイツとの類似性~③プロパガンダ

 現在この国において行われている集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、飛躍的な技術の進歩によって、虐待行為を完全に秘匿したまま効率的に行うことが可能になっている。不本意ながら私はこれまで二年以上に亘りそれと対峙する中で、犯罪インフラを運用している側の主張(2ちゃんねるやブログを見ればそれは充分に伝わってくる)にも耳を傾けたつもりだ。しかしその結果見えてきたものはナチスと同様の思想だった。

 第一次大戦敗戦後のドイツの没落ほどではないにしろ、現代の日本人が様々な意味で危機的状況に見舞われているのは否定しようのない事実である。そしてナチスのような極端な思想を持つ勢力は、様々な宗教団体の暗躍によって年々勢力を拡大しつつあり、いつ世論のマジョリティーとなっても不思議ではない状況にある。

 ヒトラーとナチスは、「国家が没落した一因は民族の内面的堕落にある」と主張する形で、逆説的に人々の民族的優越感を高め「鼓舞した」。ではその優秀なはずの人々がなぜ、自国内の異民族(そういう遺伝的区分の基準自体も時代を経るごとに曖昧になるはずだ)やマイノリティーを一方的に殲滅することを良しとするような独善的イデオロギーに騙され、操られ、戦場に駆り出され、あげく自国の都市が焦土と化すまでに転落していったのか。

 いま我々はあの時代と現代の比較を通し、作られた「世の中の流れ」としてではなく、人間の個性や特質に着目したとき守られなければならない幸福とは何か?という基本に立ち返った、自分たち自らの回答を提起しなければならない。 


 それでは前回の続きです。プロパガンダという側面から検証します。



プロパガンダ

 プロパガンダ(英: propaganda) は、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する宣伝行為である。通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。最初にプロパガンダと言う言葉を用いたのは、カトリック教会の布教聖省 (Congregatio de Propaganda Fide) の名称である。ラテン語の propagare(繁殖させる)に由来する。

~戦争遂行のためのプロパガンダ

 国家が戦争を遂行するためには、国民に戦争するしか道がないことを信じ込ませるために国策プロパガンダが頻繁に行われる。(下線)イギリスの政治家アーサー・ポンソンビーは、第一次世界大戦でイギリス政府が行った戦争プロパガンダを分析して、以下の10の法則を導き出した。

1.われわれは戦争をしたくはない。
2.しかし敵側が一方的に戦争を望んだ。
3.敵の指導者は悪魔のような人間だ。
4.われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命(大義)のために戦う。
5.そしてこの大義は神聖(崇高)なものである。
6.われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが、敵はわざと残虐行為におよんでいる。
7.敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
8.われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大。
9.芸術家や知識人も正義の戦いを支持している。
10.この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。
<Wikipediaより抜粋・引用>


★管理人から:引用中「国家」の部分を「宗教」に、「戦争」の部分を「集団ストーカー犯罪」に、「国民」を「信者」に置き換えて、下線で強調した部分を意識して読み返してみてほしい。

<Wikipediaより抜粋・引用~続き>
 フランスの歴史学者であるアンヌ・モレリは、この10の法則が第一次世界大戦に限らず、あらゆる戦争において共通していることを示した。そして、その著作の日本語版の辞の中で、「私たちは、戦争が終わるたびに自分が騙されていたことに気づき、『もう二度と騙されないぞ』と心に誓うが、再び戦争が始まると、性懲りもなくまた罠にはまってしまう」と指摘している。<Wikipediaより抜粋・引用>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80




■プロパガンダにおける類似性~ゲッベルスのもたらしたもの

 パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党第3代宣伝全国指導者、初代国民啓蒙・宣伝大臣。「プロパガンダの天才」「小さなドクトル」と称され、アドルフ・ヒトラーの政権掌握とナチス党政権下のドイツの体制維持に辣腕を発揮した。敗戦の直前、ヒトラーの遺書によってドイツ国首相に任命されるが、直後に自殺した。

ゲッベルス、1

~知識人のプライドと失業と反ユダヤ主義 ~

 1922年に大学を卒業したが、職が見つからず、一時両親の家に戻ることとなった。その後、ドレスナー銀行のケルン支店にようやく仕事を見つけたが、わずか9カ月で解雇されている。この銀行業務をしていた頃に1923年の大インフレを経験しており、ドイツ経済の惨状を目の当たりにした。そしてゲッベルス自身もますます貧困に苦しむこととなった。彼は反資本主義の思想を持つようになり、これが高じて反ユダヤ主義の思想を徐々に芽生えさせた。資本主義経済を牛耳る「国際金融ユダヤ人」なる敵の存在を妄想して敵意を飛ばすようになった。

~「国民ラジオ」~

 1933年8月20日、ベルリン第10回放送展で「国民ラジオ」がはじめて公開され、ゲッベルスは「19世紀は新聞であったが、20世紀はラジオである」と公言した。ゲッベルスは民を扇動するうえでラジオは欠かせないことをよく理解していた。ラジオのフル生産を指示し、外国放送は聞けない「国民ラジオ」を全国28の工場で大量生産させ、安価な76マルクで購入できるようにした。目的はともかくラジオをドイツ国民に普及させたことはゲッベルスの功績とされている。

~宣伝手法~

 ナチスといえば、ニュルンベルク党大会での演出やパレードなど華麗・華美な宣伝という印象が多く流布しているが、政治宣伝部門を担当していたゲッベルスが本当に望んでいた手法は全く別のものであった。

 ゲッベルス自身は、前述の政治イベント等とは違い

気楽に楽しめる娯楽の中に宣伝を刷り込ませ、相手に宣伝と気づかれないように宣伝を行う
宣伝したい内容を直接キャッチフレーズ化して強調・連呼せず、心の中で思っているであろう不満・疑問・欲望を遠まわしに刺激し暴発させる

「もっとも速度の遅い船に船団全体の速度を合わせる護送船団の如く、知識レベルの低い階層に合わせた宣伝を心掛ける」 

を政治宣伝のあるべき姿と心掛けていた。

 これらの手法・考えは、当時のドイツやソ連、そして後年幾つか登場する全体主義国家(他、カルト団体など)よりも、むしろ民主主義国家(政治だけでなく商業でも)で本領を発揮し易いもので、アメリカ大統領選挙(特に1964年以降)でのネガティブキャンペーンや大企業のCMなどが顕著な例である。

 壮大な規模の大パレードやマスゲームで優越感をくすぐり、攻撃対象を痛烈に罵倒し罵る宣伝は支持者への即効性が望める反面、ある程度以上の知性を持つ大衆、或は外国から畏怖や違和感を抱かせる逆宣伝効果が多大にある(敵対勢力に簡単に逆用されてしまう)事をゲッベルスは理解し始めていた。<Wikipediaより抜粋・引用>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B9




★管理人から:対象者に対しての情報戦としてだけでなく、運用者のマインドコントロールならびに大衆世論の支持を得る素地を固めるためにも、メディアをどのように利用していくかは現代宗教のプロパガンダと集団ストーカーにおける最も重要なポイントとなる。それについてもナチス宣伝相を務めたゲッベルスが的確にヒントを示唆している。

 彼も当時の経済の閉塞と対峙する中で、ユダヤ陰謀論に傾斜していく。宗教が終末を連想させる陰謀論をネットで流布する、現代日本と似た環境にいたということなのだろう。

 宣伝相就任後は、真っ先にラジオに注目し、扇動に利用するための環境を整える。新しいメディアの登場に際し、何らかの目的達成のためにインフラの急速な普及を促進し利用するというロールモデルを、すでにこの時代に萌芽させたのだ。まさに、うまい話にはウラがある、というやつである(冷戦時代ならテレビ、現代の集スト戦?時代ならネット・ケータイがそれにあたるだろうか)。そんな中で宣伝に関して言い残した言葉は興味深い。特に引用中赤字で示した内容は、いま宗教団体が行っている手法と何ら変わるものはないと言ってよい。



 ご存じのとおり、マスコミという分野は「S会(注:一般的にこの犯罪において主犯格として取りざたされることが多い宗教団体がありますが、当ブログではその団体を「S会」と表記します。)」の最も得意とする守備範囲である。「気楽に楽しめる娯楽の中に宣伝(広告とは違う)を刷り込ませ、相手に宣伝と気づかれないように宣伝を行う」という原則に彼らが準拠して活動していることは、日頃放送メディアや活字メディアを見るだけでよくわかる。それはこの国の大衆文化において異変を引き起こしているはずだが(代表的なものは理由もよくわからないまま突如「開始」された、いわゆる韓流ブームである)、残念ながらそのことに気付いているのは、S会と敵対する宗教団体の構成員と、集ストの対象とされた者だけである。

KARA、2
↑<画像:再び昨年の紅白歌合戦より。いわゆる渡来人として有名な京都の氏族の由来が、古代朝鮮の加羅という説もあれば、ユダヤ人だという説もある…この画像を見てついそんなことを調べてしまうのです。S会(だろ?どうせ)がこういうもんを日本でヘビロテしたい理由ってのも、その辺に関係するんでしょうか?まあいずれにしろこれは自分たちのメディアへの影響力がどの程度のもんか確認しただけかもしれないので、あまり深刻な話じゃないと思いますけど、例としては分かりやすいので取り上げてみました。>

 仮に…支配側の悪意に基づく思想を社会に伝染させる場面を想像してほしい。それが慣れ親しんだ大衆文化(我が国ではS会が支配している)を通してダウンロードされたら、誰かに押し付けられたものでなく、自発的に獲得したものだと我々には感じられるはずである。

 
 ナチスの「強制的同一化」に似たウイルスがこのやり方で本質が隠されたまま伝染すれば、それが世論形成に及ぼす影響は最終的には計り知れないものになる。 


ゲッベルス、2
ゲッベルス、3
ゲッベルス、4
↑<映画『ヒトラー ~最期の12日間~』より。原発事故の件で私は、ある新聞社の元社主(A級戦犯だが不起訴・その後CIAに協力した)が、湯川秀樹らが慎重論を唱えた早期の原発導入を強引に推し進めたことについて、新聞社に指摘したことがあります。しかし新聞社は返事もよこさないまま、「それは国会で承認された行動だった」という趣旨の記事をすぐさま掲載し、反論。それがなんだかこのセリフみたいに私には思えました。…結局何も変わっちゃいないのです。>



 また、「心の中で思っているであろう不満・疑問・欲望を遠まわしに刺激し暴発させる」という部分からは、ふたつの影響を見ることができる。

 ひとつは、運用者を操るための、宗教によるマインドコントロール手法への影響だ。「集ストという『革命』は、民衆の抱えている不満・疑問や、社会の諸問題を解決するためには不可避の行為である」というオチへ信者たちを導くために、まさにこのやり口が使われている。もうひとつは対象者に対する具体的工作…つまり、私が「鏡」と呼ぶ心理的メソッドによって、集スト対象者に対して個人情報のフィードバック仄めかし)を反復する場面での影響である。


 対象者に対し集団ストーカー(社会管理プログラムの実験)が適用される以前の段階において、ターゲット(情報の送り手をさせられる「被験者」)とできるか否かを判定するための綿密なリサーチが行われるのではないかと私は推測している。そのいわば地質調査に入るのと同時に、当然運用側は何らかの「要求」もデッチ上げているはずだ。

 だが…ここが重要だ…彼ら(宗教団体)は強大であるにもかかわらず、「要求」を突き付ける場合に法的強制力のある命令を直接対象者(管理する必要があると「判定」された者)に下すような行政執行機関からは制度上切り離されている。それを逆手にとって彼らが、三つのチャンネル(ネット、マスコミ、現地で動員される信者)を通じた対象者への生体情報フィードバックというホロコースト開始に堂々と移行できるようにするためである。要は、この「社会実験」の請負を行政機関側が忌み嫌ったのは想像に難くないのだが、むしろ実験が成立しうる口実を通さねばならないため、あえて宗教にそれを任せざるを得なかったわけだ。

 生体情報を傍受できるわけだから、対象者の「心の中で思っているであろう不満・疑問・欲望」は余すところなく運用側に伝えられる。そしてこの正確無比なデータを基に、様々な引用や比喩を用いて「遠まわしに」攻撃・批判・侮蔑を反復し、対象者を強く怒らせ、長く悩ませ、酷く辱めるというプロセスを執拗に反復していく。対象者は、この刺激によりもたらされる過酷なストレスから逃れるにはどうしたらよいかを四六時中考えるような精神状態に追い込まれる。

 こうした脅迫を通し、どのくらいの期間で被験者が運用側(支配者)の望む「強制的同一化」へ自ら向かうようになるのか?また、運用に動員される膨大な人的リソースを、どのように教育(マインドコントロール)すれば最強の「死の部隊」(後に検証します)へ変貌させられるか?…集団ストーカーとは、そういった課題を検証する人体実験である。その作業の中にもゲッベルスが提唱したプロパガンダ理論は応用されているのだ。

(しかし彼らが、実験が成功した場合当然必要となる対象者の受け皿を用意していないのはもちろん、実験の過程で被験者が受けたトラウマに対する具体的なケアと償いのプランを提示していない点を、絶対に忘れてはならない。)



 では高度な情報ネットワーク社会を実現した現代においても、集スト運用者がいまだにこれらの古い理論を踏襲しているのはなぜか。

 それは昔から人間が皆持っている脳内セキュリティプログラム・「疑念」の脆弱性をつかなければ、大衆の心の中へ支配側のウイルスを感染させにくいことには変わりがないからである。ウイルス(単一的な思想)を頻繁なプログラムの更新を欠かさないような頭脳(「ある程度以上の知性を持つ大衆、或は外国」)に対しても突破・侵入させるためには、あからさまな宣伝(「壮大な規模の大パレードやマスゲームで優越感をくすぐり、攻撃対象を痛烈に罵倒し罵る」)は、してはならない。近代的プロパガンダにおいてはメディアを最大限に活用することだけでなく、目的の達成のために絶対にその本質を悟られてはならない、という大原則に関しても、ゲッベルスはいち早く示唆したのだ。



 しかし結局ナチス政権は破滅し、ゲッベルスも家族を道連れに自ら壮絶な最期を遂げることになった。宣伝の分野では「本質を隠す」という重要な点に気が付いたにもかかわらず、国家自体は総力戦という、むしろ逆の方向へ突き進んでしまったからだ。

 プロパガンダの項で書いたように、今の日本なら「戦争」は「集団ストーカー」という単語に置き換えて考えるべきだ。それらはどちらも戦いであることに変わりはないが、誰の目にも見えるか、見えないかという点では大きな違いがある。これこそが、宗教が過去の歴史から学んだ「成果」を十二分に発揮した結果なのだ。戦火の拡大はアメリカの介入を招き、ナチスを追い詰めたが、見えない戦いには他の勢力の支援は望めない。危険な本質を隠した宗教に監視され、事実上の思想統制を受けるこの社会が変わる兆しは、残念ながらいまのところないということである。


 それでも恐るべき類似点から、これからどのような時代に突入しようとしているのかについて、我々は想像しなければならない。

(続く)

【ドキュメント作成開始日時:2012年4月19日】

★お知らせ:今回より拍手ボタンは拍手数のカウントを非表示に変更しました。多くの方に真実を伝えることの難しさに、いつも自分の無力さを思い知らされるからです…。それでも懲りずにしばらくは書き続けていこうとは思っていますので、内容に賛同してくださる方はクリックしてやってくださいませ(管理画面には記録が残ります)。泣き言みたいで情けない話ですが…よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト


Category: 考察 > 思想的背景   Tags: 強制的同一化  ナチスドイツ  ヒトラー    プロパガンダ  マインドコントロール  ヒトラー_~最期の12日間~  

ナチスドイツとの類似性~②“They Thought They Were Free”

 前回の続きです。

 現在この国において行われている集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、飛躍的な技術の進歩によって、虐待行為を完全に秘匿したまま効率的に行うことが可能になっている。不本意ながら私はこれまで二年以上に亘りそれと対峙する中で、犯罪インフラを運用している側の主張(2ちゃんねるやブログを見ればそれは充分に伝わってくる)にも耳を傾けたつもりだ。しかしその結果見えてきたものはナチスと同様の思想だった。

 第一次大戦敗戦後のドイツの没落ほどではないにしろ、現代の日本人が様々な意味で危機的状況に見舞われているのは否定しようのない事実である。そしてナチスのような極端な思想を持つ勢力は、様々な宗教団体の暗躍によって年々勢力を拡大しつつあり、いつ世論のマジョリティーとなっても不思議ではない状況にある。

 ヒトラーとナチスは、「国家が没落した一因は民族の内面的堕落にある」と主張する形で、逆説的に人々の民族的優越感を高め「鼓舞した」。ではその優秀なはずの人々がなぜ、自国内の異民族(そういう遺伝的区分の基準自体も時代を経るごとに曖昧になるはずだ)やマイノリティーを一方的に殲滅することを良しとするような独善的イデオロギーに騙され、操られ、戦場に駆り出され、あげく自国の都市が焦土と化すまでに転落していったのか。

 いま我々はあの時代と現代の比較を通し、作られた「世の中の流れ」としてではなく、人間の個性や特質に着目したとき守られなければならない幸福とは何か?という基本に立ち返った、自分たち自らの回答を提起しなければならない。

「ヒトラー」で検索して拾った画像

★うっかり者の学級委員:「ヒトラーさんは自分がやったことが大失敗だったので、ちゃんと自殺したんだって~。今同じことやってる人たちも見習うべきだよね~!」
★あまり事情が分かってないユダヤ系留学生:(心の中で)「ナチめ!放課後サイモン・ヴィーゼンタール・センターにチクッたるわ。」
★お寺に居候している元スケバン:(心の中で)「仏敵め!放課後カルトナンバー付けた仲間の黒いクルマに待ち伏せさせたるわ。」
★メンヘル通いのアキバ系ネトウヨ生徒:(心の中で)「非国民め!放課後思考盗聴して2ちゃんに実況スレたてたるわ。」
★推薦入学がとっくに決まった生徒:(授業そっちのけで量子力学の本を読みながら、心の中で)「いつかお前ら全員工作員としてコキ使ったるわ。」

↑<「ヒトラー」で検索して拾った線香くさい画像と、その場に流れていそうな空気。>




■優秀なはずの民族が「強制的同一化」に陥った過程

 ヒトラーは『我が闘争』の中で「国家はいわゆる『新聞の自由』という法螺話に惑わされることなく、断固として民族教育のこの手段を確保し、国家と国民に奉仕させねばならない」と述べているが、この「民族教育の手段」と見なされたものには出版、ラジオ、映画、演劇、芸術なども含まれた。宣伝省とその傘下の帝国文化院はこれらに介入し、あるべき「民族教育」のために検閲や指導を行った。


 青少年教育に関しては、1938年12月8日、ライヒェンベルクにおける管区指導者(クライスライター)との会合において、ヒトラーが述べた次のような言葉が端的に現している。「少年少女は10歳でわれわれの組織に入り、そこではじめて新鮮な空気を吸う。その4年後、ユングフォルク(de:Deutsches Jungvolk)からヒトラーユーゲントにやってくると再びわれわれは彼らを4年間そこに入れて教育する。(中略)われわれは彼らを直ちにSA(突撃隊)、SS(親衛隊)、ナチス自動車隊等に入れるのだ。」そこで完全なナチス主義者にならない場合には国家労働奉仕団や国防軍に送り込んで「治療」する。

「そうすれば彼らは一生涯もはや自由ではなくなるのだ。」 


ヒトラーユーゲント、1
↑<1945年4月20日、ヒトラーユーゲントを閲兵するヒトラー(この10日後に地下壕内で自殺する)。>

 青少年の民族教育は党によって、「われわれが欲するままの人間へと」、「自分自身のために過ごすことのできる時期があるなどとは、誰にも言わせはしない。」ように絶え間なく行われた。また、家庭でも民族教育が行われることが強制され、それを怠った場合には処罰や子供からの損害賠償請求の対象となった。


 ヒトラーは全権委任法成立前の演説で、「国民政府は国家と国民の生存を否定しようとするすべての分岐を(民族共同体)から追放することを自らの義務」とみなし、「民族に対する裏切りは仮借なき野蛮さでもって焼き払われなければならない」とした。こうした追放の対象は、反ナチス思想の持ち主や、種的変質者や劣等民族に加え、「外国への通謀者」(Landesverräter)や、困難な時期に窃盗などを行って利得を図る「民族の害虫」なども含まれる。

 1934年4月24日には特別裁判所として人民法廷(民族裁判所、Volksgerichtshof)が設置された。この裁判所は大逆罪、背反罪、ヒトラーに対する攻撃などを管轄した。ゲッベルスは「判決が合法的であるか否かは問題ではない。むしろ判決の合目的性のみが重要なのである。(中略)裁判の基礎とすべきは、法律ではなく、犯罪者は抹殺されねばならないとの断固たる決意である。」と演説し、これを受けて所長となったローラント・フライスラーは被告人の半数近くを死刑へと追いやった。

 また、共同体にそぐわないと考えられた者には時として法によらない処分が行われた。共産党員などの強制収容所への保安拘禁、第二革命を唱える突撃隊幹部を殺害した「長いナイフの夜事件」、「水晶の夜」事件のユダヤ人商店の破壊などはその例である。


 この期間、ドイツ国民の間からは大きな反発がおこらなかった。(中略)強制的同一化の過程で行われた国民動員とプロパガンダが、国民から考える時間と材料を奪った。ミルトン・メイヤーがインタビューした言語学者は、全く新しい活動「集会、会議、対談、儀式、とりわけ提出しなければならない書類」など、以前には重要でなかったことに参加しなければならないか、もしくは参加することを「期待」されていた。それにエネルギーを使い果たし、考える時間はなくなったと回想している。「私たちに考えなければならない課題を突きつけながら、ナチズムは、しかし、絶え間ない変化と『危機』でもって私たちの目を回らせ、心を奪い取っていったのです。まったくのところ、内外の『国家の敵』という陰謀に、私たちの目は見えなくなっていました。私たちには、少しずつ私たちの周りで大きくなっていった恐るべき事態について考える時間はありませんでした。」。

 当時、特派員としてドイツに滞在していたウィリアム・L・シャイラーは、多くの人が新聞やラジオの情報とほぼ同じことを語っており、「全体国家の中で、検閲された新聞やラジオによって、人がいかにたやすく獲得されるかを経験することが出来た」と回想している。強制的同一化を経た人々は、それが政府の強制でなく自分から自発的に生み出されたものだと感じており、メイヤーがナチ党員の証言をまとめた本のタイトル『彼らは自由だと思っていた』(They Thought They Were Free)もそれを現している。 <Wikipediaより抜粋・引用>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%88%B6%E7%9A%84%E5%90%8C%E4%B8%80%E5%8C%96




★管理人から:ナチスの支配がそれまでの支配と異なる点がある。それは繁栄の時期が現代的な情報化社会の黎明期と重なったところである(ラジオやテレビジョンはまさにこの時期に実用化されている)。彼らは単にそういう時代に居合わせただけではなく、大衆を都合よく扇動するために宣伝省まで立ち上げてそれを積極的に活用した(この手法は「プロパガンダ」という言葉で表現されることが多いが、発想はナチスのオリジナルではない。用語自体ローマ・カトリック教会の布教活動に由来しているもので、歴史も古い。それが行われる目的も様々である。ただ国策としての大規模プロパガンダの代表例としては、ナチスが引き合いに出される場合が多い。次回触れてみます)。

メガヒットの予感、2
↑<画像:新聞によるプロパガンダに動員された市民の例(しつこいねアンタも)。と、さらなる反応を見るため敢えて火に油を注いでみるw>

 ナチスドイツではそのような手段を含む民族教育を通じて、個人的自由の限定化が青少年時代から徹底されている(これは集ストにおいて、生体情報のフィードバックという一種の究極的メディアミックスといえる虐待行為を通し、管理社会というジグソーパズルに合致しなかった人間をいちピースとなるまで徹底して思想改造していく過程を連想させる)。その中では当然、支配側のイデオロギーに異論をはさんだり、あるいはその障害となると決めつけられた者に対する、厳しい排除を許容する空気が醸成されるだろう。同時に行われた「陰謀」の流布は、問題点を自分たちの責任範囲から別のベクトルへ転嫁する。政治の逸脱に異議や異論を唱える者が出ても、本来スタビライザーとして機能するはずの司法制度に暴走を加速させる仕事が付加されたことで、事実上その声自体が抹殺される…。

 こうした手の込んだプロパガンダによる大衆マインドコントロールの完了は、「強制的同一化」の思想が支配者から与えられたものでなく、「自らが手に入れたもの」であると錯覚させることに成功した。まさに、“They Thought They Were Free”と表現されている心理状態へ集団的に陥ったわけである。当時のドイツ国民の心の中で、疑念という、支配者は忌み嫌うが、人間として持つことが至極真っ当な思考がキャンセルされてしまったのだ。その結果、優秀だったはずの人々でさえ…いや、むしろ優秀だったからこそ、持っている高い向上心や勤勉さ、規律性を刺激され、怪しい連中の都合のいいように利用されていくことになった。 

ヒトラー最後の12日間、1
ヒトラー最後の12日間、2
ヒトラー最後の12日間、3
↑<映画『ヒトラー ~最期の12日間~』より。>

 マインドコントロールが原因となって宗教による組織的犯罪が発生するケースも、これと構造はまったく同じである。
(過去記事『犯行主体についての考察(前篇)~「神の目」』の中でくわしく指摘しました。)

 ナチスの使用したテンプレートは、現代の宗教団体が仕組んだ集スト・アーキテクチャーの設計にも明らかに応用されている…対象者に対しての工作としての側面だけでなく、そこで動員される大量の運用者に対して、どのように強力なマインドコントロールを施していくかという側面においても。

(続く)



【ドキュメント作成開始日時:2012年4月19日】

(お知らせ:私のブログ記事は、数か月~数週間前から前もってWordに下書きしてある長めの原稿を分割・コピぺし、管理画面に入力しています。しかし今年に入ったあたりから、記事をUPする前に先回りするかのように、内容を仄めかすようなブログ記事・新聞記事・書籍の広告等が出現するという事態に度々見舞われるようになりました。そのときに話題になったニュースについて書いているわけでなくても、こうした「偶然の」一致は繰り返されます。つまり、下書きの段階で情報のリークが発生しているわけです。ソースの出所がPC本体なのか、私自身の生体情報(視覚)なのかは不明ですが、いずれにしろ集ストプログラムの一環としての工作であることは明らかです。原稿のオリジナリティを低下させることで執筆の意欲を削ぐのが目的だと思います。要はそれくらいヤバい領域にまで踏み込んでいるということです。というわけで、対策とできるかは微妙ですが…今回からWordでの記事作成開始日を記載してみました。)


Category: 考察 > 思想的背景   Tags: 強制的同一化  ナチスドイツ  ヒトラー  右翼  陰謀論  イルミナティ  フリーメーソン  ユダヤ資本  仄めかし  「梁(はり)」  

ナチスドイツとの類似性~①「強制的同一化」

 記事で取り上げたヨーゼフ・メンゲレや人体実験、T4作戦・等について調べているうち、私は発見をした。驚くべきことに、そのほかにもナチスドイツと集団ストーカーとの間には興味深い類似性がいくつか見受けられたのだ。

 残念ながら現状においては、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の概念を第三者に理解してもらうことは非常に困難な作業である。犯行アーキテクチャーがその存在を常に秘匿できるように設計されている上、悪用される技術も明らかに未知のものだからだ。こちらがその気になれば、被害状況の分析からどんなことが起きているかについては詳細に説明が可能だ。しかし、それを引き起こしている実態が何なのかという領域に踏み込んだとたん急に、現代社会の中に存在する一般常識の範疇では納得のいく説明ができなくなってしまうのだ。

 だが100年も経たない昔、我々の常識をはるかに超えた恐るべき時代が存在した。

 たくさんの優秀な人々が狂い、たくさんの無実の人々が殺された時代…そこで当時起きたことを紐解けば、この奇怪な組織犯罪を読み解く隠されたカギが見つかるかもしれない。決して、存在自体の証明が難しい未知の領域の話ではない。それは歴史上の事実という、非常に重い意味を持つ明確な「エビデンス」である。ならば、こうした分野からの掘り下げは、無関係の方の理解を促す上での有効な手段のひとつにできるのではないだろうか。

 ここにはこの犯罪のいわば思想的/手法的テンプレートが、確実に存在する。

 Wikipediaの引用ばかりになってしまうが、対象者の方も、そうでない方も、これはぜひ目を通していただきたいと思う。過去の失敗は、絶対に繰り返すべきではないから…。

椎名林檎、1
↑<愛車の名前が「ヒトラー」ってあんた…。好きだから名前にしたのか?はたまたぶった切るとき気合入れるためにわざわざ嫌いな奴の名前を付けたのか?ところでもう半分はどこへやった?w>



■ナチスとは

 国家社会主義ドイツ労働者党(こっかしゃかいしゅぎドイツろうどうしゃとう、独: Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei 、略称: NSDAP)は、かつて存在したドイツの政党。一般にナチス、ナチ党などと呼ばれる。1919年1月に前身のドイツ労働者党が設立され、1920年に国家社会主義ドイツ労働者党に改称した。アドルフ・ヒトラーが指導者として率い、1933年に政権を獲得後、独裁体制を敷いた。1945年のドイツ敗戦により解党した。

~思想~

 党の思想として一貫して存在しているのは「アーリア人至上主義」、「反ユダヤ主義」、「反共」、「指導者による独裁」等であり、ヒトラーの著書「我が闘争」が党に聖典視された。しかし党の実際の行動においてはこれらの思想と矛盾する事態もしばしば起こった。しかし指導者に対する忠誠と服従が優先され(指導者原理)、党員は疑問をさしはさむことは許されなかった。

~黎明期の記録での注目点~

 1918年初頭に「ドイツ労働者の平和に関する自由委員会(Freier Ausschuss für einen deutschen Arbeiterfrieden)」がブレーメンで結成された。錠前師で自称詩人でもあったアントン・ドレクスラーは同党の支部を1918年3月7日にミュンヘンで結成した。10月2日にはカール・ハラーとドレクスラーは「政治的労働者サークル」を結成し、ドイツ労働者党の結成準備を行った。1919年1月5日、ハラーを第一議長とするドイツ労働者党(DAP)」が成立した。

 創設当初の党はわずか40人ほどの小さな政治的サークルに過ぎなかった。しかし党は右派組織全ドイツ連盟やゴットフリート・フェーダー、ディートリヒ・エッカートを会員とするトゥーレ協会といった右派組織の支援を受けており、エルンスト・レームのような軍とドイツ義勇軍の関係者も党員であった。第一議長ハラーやその背後にいた全ドイツ連盟の指導者は「フリーメーソンユダヤ資本らの陰謀」を防ぐため、閉鎖的なサークルの状態から政治運動に間接的な影響を与えることが望ましいと考えていた。<Wikipediaより抜粋・引用>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E5%85%9A




★管理人注:集団ストーカーと、いわゆる陰謀論との関連性は私にはよく分からない。ただ、自身の経験からはっきり言えるのは、集ストをやっている側の人間たちがその手の話を非常に好むということである。つまり、そこで頻繁に語られる「イルミナティ」「フリーメーソン」「ユダヤ資本」といった要素が実際にバックボーンとなっているにしろいないにしろ、彼ら運用者はそれらのキーワードの持つ魔力を自分たちの犯罪に都合のいいように使いこなしているのは事実なのだ。この論理のヒントとなるような発想が、ナチス黎明期においてすでに芽生えていた点(下線部分)は注目に値すると思う。また、宗教が絶大な力を持ちながら常に見えざる力としての権力維持に努める点も、「間接的な影響」という記述に通ずるものがある。

KARA、2011紅白、1
↑<例えば“S”が、ヘビロテナンバーをかけます(紅白で「加羅+六芒星+ピラミッド」。もうね、ワザとやってるとしか思えないw)。そうするとネオナチが外で日の丸持って怒りのナイトフィーバー。親米派保守VS国粋主義派保守による年忘れプロレスin渋谷。要は呉越同舟。こっちはテメーらのせいで死にたくなるような思いしてんのにさ。ったくど~なってんだよこの国は。(画像:去年の紅白歌合戦より。)>



■思想的類似性①~「強制的同一化」とは何か

 強制的同一化(きょうせいてきどういつか、ドイツ語: Gleichschaltung グライヒシャルトゥング、均質化、均一化)とは、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)によるドイツ国内の権力の掌握後に行われた、政治や社会全体を均質化しようとするナチス・ドイツの根本政策およびその思想を指す言葉。その影響は公的なものから個人の精神にまで及んだ。強制的同質化とも訳される。

強制的同一化、1
↑<画像:Ein Volk Ein Reich Ein Führer(一つの民族、一つの国、一人の指導者)のスローガンが掲示されたナチ党の集会。1938年3月。>

 ナチ党の構想するあるべきドイツの姿は、唯一の指導者(Führer)が指導者原理によって、統一的に生き、統一的に考える民族共同体(Volksgemeinschaft)」を指導する体制を実現することであった。その「民族共同体」はナチ党の望む形であらねばならず、ナチ党が政権を握れば、国家も民族も現在の共同体を解体し、再構築されなければならなかった。その変革対象は社会構造だけではなく、「ドイツ民族全体の思想、感情、欲求」にまで及ぶものであった。1936年の党大会でヒトラーが述べた言葉はそれを現している。

「われわれがとるあらゆる処置は、われわれの民族の外面的な相貌ではなく、内面的な本質を変革せんとするものなのだ。」

 ナチ党が権力を握った後、政府機関や党はこの目的のために活動した。特に、国民の意識面での同一化に当たった機関が1933年3月13日に設立された 国民啓蒙・宣伝省である。大臣ヨーゼフ・ゲッベルスは就任直後の会見で「政府と民族全体のグライヒシャルトゥング(同一化)の実現」が省の目的であると述べた。宣伝省はドイツ史上かつて無いプロパガンダを行い、同一化を推進した。


 ナチ党の思想国家社会主義(ナチズム)にとって民族とは、「種と運命の同質性に立脚する共同体」であった。特にドイツ民族は最も高貴とされる北方人種の影響下に生み出された「文化的歴史的共同体」として定義された。しかし、そのドイツ民族が1918年の第一次世界大戦敗北に至ったのは、民族が「内面的堕落」を迎えたためである。その堕落とは「国際主義の跋扈」、「闘争本能の衰退」、「人種的価値の軽視」であり、そのためにドイツ民族は支配者たる権利を失ってしまったのだとされた。

 その堕落からドイツ民族を救うのが国家社会主義運動であり、「諸党派、団体、組合、世界観、さらには身分的自惚れや階級妄想からなるこの雑然とした寄せ木細工」のような現在を、「ドイツ民族にわれわれの新しい精神を吹き込む」ことによって、「再び鉄のような強固な民族体を鋳造」することができるとした。その強固な民族体において国家社会主義は「この世界の中でドイツ人であり、ドイツ人であろうと欲するすべての者にとっての拘束力ある法則」であった。この運動という世界観は「ドイツ人の最後の一人に至るまで、ライヒ(ドイツ国家)の象徴を自己の信条として心に抱くようになるまで」継続されるべきものであり、その前には個人の選択などは許されないものであった。

 この思想はナチ党が政権を握る前からすでに「我が闘争」などの著作で主張されていた。1930年9月25日、ライプツィヒの国防軍訴訟でヒトラーは次のように述べている。「ナチス運動(国家社会主義運動)は、この国の中で、憲法に則した手段でもって自らの目的を実現しようとするものである。(中略)われわれは、憲法に即した手段を使って、立法機関の中で決定的な多数派となるように努力する。しかし、それはこのことを実現したその瞬間に、国家をわれわれの理想と合致する鋳型に入れて鋳直すためにである。」また、将来の重要政策として、「民族の内面的価値を計画的に育成増進することにより、ドイツ民族という身体を鍛え強化し一つの有機体へと統一すること」を掲げている。これらは後のナチ党による権力掌握過程と、強制的同一化を予告するものであった。<Wikipediaより抜粋・引用>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%88%B6%E7%9A%84%E5%90%8C%E4%B8%80%E5%8C%96




★管理人注:意外に思う方も多いかもしれないが、昨今我が国では右翼勢力の台頭が著しい。右翼と言っても、暴力団の嫌がらせとしておなじみの「あの」連中ではない。本物の右翼は、日章旗を持ってはいるが街宣車や特攻服は用いないらしい(それが具体的にどんなものか気になる方は、このブログのリンク集から自分で答えを見つけてほしい)。彼らはネットを通じて招集をかけ、1000人以上を動員した様々なデモを行ってきた。マスコミを敵に回したことがあるためか、表メディアでその活動が報じられることはないが、ネット社会ではかなり有名なのではないだろうか。

 おそらくその背景にあるものは…やはり宗教である。なぜか。

 私は昨年後半から、宗教団体の構成員たち(実際に会ったことがある)からブログを用いた仄めかし(生体情報傍受をソースとするフィードバック)を受けている。つまり彼らは集団ストーカー犯罪の運用者(加害者)である。それらのブログ(それは決して一つや二つではない)をチェックすると、前述したような右翼勢力の活動に関する記事やリンクがかなり多いのが目につく。また、仄めかしに引用を用いたものもあったのだが、それも同様の活動を行う新保守系市民団体を率いる人物のブログからの引用だった。よって、おそらくその人物も、集スト工作に必要なシステムへのアクセス権限を持っていると見るのが妥当だろうと私は考える。

 実は彼らはみな本来政治とは無関係のはずの、ある「ネットワーク」を組織しているのだが、そこに所属するメンバーがことごとく特定の保守政党の支持者であることに、私はかねてから疑問を持っていた(政治思想に関係なくメンバーが集まったのであれば、支持政党が特定の偏りを見せることはないはずである)。しかし彼らによる仄めかしが開始されたことで、この疑問が一気に氷解した。集スト犯罪を形成していた要素は宗教だけでなく、ネットを武器にするような「いまどきの」右翼勢力でもあったのだ(もしかすると、これが私が以前から指摘している「梁(はり)」なのかも知れない)。

 この事実からは、集スト犯罪は宗教団体が実行犯であるが、思想的な背景には宗教的道徳観念だけでなく、国粋主義的な愛国思想(彼らは日本で暮らす外国人をひどく嫌う)も関係しているのではないか?という推論が成り立つ。2ちゃんねるでの嫌がらせの具体的内容と、また集ストの手法の多くに顕著な、人の個性を抹殺するのが目的としか思えない工作からも、強い全体主義的匂いを背景に感じていたが、右翼思想の介在はこうした断片を繋ぎ合わせる説得力を持つ。

 前段で述べたとおり、宗教は影の支配者であることを好むから、政治に介入しようとする場合は別のチャンネルを用意するだろう。ヒトラーの言うところの「憲法に則した手段でもって自らの目的を実現しようとする」ためにもその必要が生じる。現日本国憲法下では政教分離原則という、彼らにとっての「足枷」があるからだ。その役割はおそらく「洗練された新しい右翼」が担うことになる。

 また、「絆」「がんばろう日本」といったキーワードが人々の心に強い訴求力を持つような社会状況は、程度の差こそあれ、100年近く前にドイツが陥った閉塞状態を連想させるに十分なものがある。だから、強制的同一化(このような名称は絶対用いられないはずだが)のような思想が、宗教とリンクした保守勢力の台頭により爆発的に大衆の支持を集めるに至る危険な火種は、我が国においても現在既にあると考えた方がいい。

ヒトラー+ヒンデンブルク、握手橋下+石原、握手
↑<左の画像:1933年3月、ヒンデンブルク大統領(一年後在任のまま死去)と握手するヒトラー首相。右の画像:2011年12月、元気すぎる老人・日本代表キャプテン(バロンドール受賞歴あり、所属チーム:日本懐疑、マネージメント事務所:幽霊会)と握手する、ファンタジスタ弁護士(所属チーム:大阪疑心の会、マネージメント事務所:わからん)。>

 そうだとしても、読者の方はナチスドイツと現代の日本を比較するのはいくらなんでも短絡的だとお思いかも知れない。しかし上記引用中下線で強調した部分において、「ドイツ」を「日本」に、「第一次世界大戦敗北」を「バブル経済の崩壊」に、「ヒトラー」や「ナチ党」を「宗教とリンクした保守勢力」に置き換えてみてほしい。

 そうすれば、ナチスの持っていた原理主義的な論理が、集団ストーカーに明け暮れる連中のほざく屁理屈と全く同じである事実にお気付きいただけるだろう。

 奇しくも我々は、宗教の騙しのテクニックのひとつである終末論や末法思想を連想させる出来事…震災・津波・原発事故にも見舞われた。結果、現実世界の危機の中で、思想の領域における袋小路へ簡単に迷い込みやすくなってしまっている。この状況は、宗教という巨大詐欺組織にとって、大衆の強制的同一化というペナルティエリアへ雪崩れ込む願ってもない決定的チャンスである。

 さらに悪いことには、現代の宗教団体はナチスドイツでさえ手にしていなかった、破滅的かつ非人道的な兵器を隠し持っている。それを利用した犯罪インフラは、この強制的同一化のような計画においてこそ最高の威力を発揮するはずだ。だが使用される技術の周辺には秘匿された「本当の目的」がある。それが対象側・運用側双方にもたらす未曾有の危険性は、前々回/前回記事で指摘した通りである。

 こうした様々な類似性を考慮すると、これから我が国の水面下で起きることもある程度予測がつくと私は思うのだが、いかがだろう?



 …ではこうした「本物の」陰謀は、具体的にはどのような形で我々を侵蝕しようとしているのだろうか。それについても、ナチスドイツの記録は興味深いヒントを残している。次項で考えてみたい。

(続く)


06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

プロフィール

MALDASHI-X

Author:MALDASHI-X
神奈川県在住の集団ストーカー対象者。異常な情報収集をソースとした様々なハラスメントを24時間365日受け続けている。

特定の政治的思想は持っておらず、宗教団体に所属していた経歴もない。

被害に気が付いたのは'09年11月だが、加害の開始がいつからなのかは判然としない。

カテゴリからの記事検索
調べたいカテゴリをクリックして進んでください。表示される記事数は3記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
月別アーカイブからの記事検索
クリック後に表示される記事数は5記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。