Archive RSS Login

実録・神奈川の集団ストーカー犯罪

この国にも自分達だけの特権に酔い痴れる「選民」気取りがいる。私はその獣達によって社会的に抹殺された。自我という概念が消滅しつつある危機を知らしめるべく、ここに私の体験とそれに連なる真実を記す。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: これまでの顛末   Tags: 2ちゃんねる  監視スレッド  カルトナンバー車両  

2ちゃんねるで起きたこと~④監視スレッドの発見(前篇)

 2ちゃんねるを悪用する嫌がらせのカラクリはほとんど解明できないまま年を越し、2010年を迎えた。全ては偶然だったと考え直して、一連の不気味な出来事をすべて忘れたい気持ちだった。しかし、認めざるを得ない事実をこうも次々と突き付けられては、恐る恐る調べを進め真相を確かめていく他なくなっていた。



●固定ハンドル“Q”

 私と同姓のキャラクターが登場するスレッドを立ち上げた人物は、トリップ付の固定ハンドルネームを使用していた。似顔絵も替え歌の貼り付けも同じ固定ハンドルによって行われていた。これをGoogleで検索してみたところ、この人物が出入りする別のスレッドを2つ発見できた。ここでは仮にこの固定ハンドルの人物の名前を“Q”とする。2つのスレッドは一方からもう一方への誘導目的のレスがついており、互いに相関関係があった。どちらのスレッドもQの他、3名の固定ハンドルによる占有状態となっていたのだ。この3名を仮に“O”、“T”、“R”とする。

 発見した2つのスレッドを調べると、私の名字と、例の似顔絵をすぐに見つける事が出来た。ここでもただ単に誹謗中傷があった…容姿を揶揄するAAを書き込んでみたり、似顔絵を貼り付けると同時に「こんな顔の奴が本当に存在するんだ(原文載せられないので大意です)」「●●(私の名字)は客観的に考えてもウザイ(大意です)」と書き込んだりする…だけではなかった。前々稿「②破壊工作」で電話の通話内容を察知した書き込みについて紹介したが、それと同様に、家の中での会話内容(小学生のころの思い出話・他)や外出先での行動(親不知の抜歯・他)に時系列的に呼応した記述がみられたのだ。また、Qが例の店の元店長の名前を名乗っていたり、彼にそっくりの写真(店側は本人のものである事を否定したが、元店長に酷似していたのは事実)を当人名義で貼り付たりもしていた。
元店長に酷似した画像
↑(貼り付けられていた、元店長に酷似した画像。アップされた時点で既に画像処理が施されていました。同姓同名のプロレスラーがいるみたいですが、そっちでしょうか?)

 こちらでも固定ハンドル達が私の周辺の様々な情報を何らかの方法で入手したうえで、それをソースとして書き込みを行っているのは確実だった。


●固定ハンドル“O”と不吉な数字

 固定ハンドルOは、2つのスレッドのうち一方を立ち上げていた。そのスレッドは固定ハンドルの「馴れ合い」によって進行していたが、いったい何をテーマとして立ち上げられたものなのかは判然としなかった(後に記事の題材にしたいと思いますが…何のニーズもありそうにない意味不明の板・スレッドは2chには少なからず存在しており、それらは私のケースにおいては重要な犯行ツールとなっています)。その中でOは、特に地域を限定した板に存在するわけでもないこのスレッドで小田急線藤沢駅での出来事を書き込んでおり、近隣に居住している可能性を匂わせようとしていた。これにより「一連の騒動は単なる偶然によって引き起こされたのかも」という私の甘い考えは一気に打ち砕かれた。

 さらに、Oはトリップにある印象的な数字を使用していた。その数字は西洋文明では縁起のいい数字ではない(同時に、日本語の語呂合わせで読むと、ある仏教用語を表しているとも解釈できる)のだが、私は身近でそれに見覚えがあった。前稿「③近隣住民の影」で紹介した騒動の中心人物であるアパート住人・大石(仮名)の、隣の部屋に入居していた家族の自家用車(二代目トヨタbB初期型・色:ブル-イッシュホワイトパールマイカ)に付けられていたナンバープレートの数字と同じだったのだ。はじめ、その家はごく普通の子持ちの家族に見えたが、2008年頃に突然、三代目ダイハツムーヴからこの少々ファミリーユースには似つかわしくない車に買い替えた。それだけならまだしも、陸運局の希望番号制度を利用して取得したと思われるナンバーは不吉な数字である…強い印象を残してない筈がなかった。

 当該ナンバー車両の登録と、Oのトリップ使用開始のどちらが先に行われたのかは不明である。だがいずれにしろこれらは、隣のアパートに住む家族と2chで嫌がらせをする者とのコネクションを私に意識させる為の、非常に悪趣味な工作であることに違いはない。でなければ、家族を載せる車にこのような不吉なナンバーを付けて使用するという、一般的な感覚としてはおろか、ジョークとしても理解し難い行為に至る動機が説明できない。藤沢駅に関する書き込みについても真偽の程は不明な訳だが、数字の一致と同時に提示することによって、「OとbBのオーナーは同一人物なのでは?」という疑念を私に抱かせようとしたのだと思う。

 こうした印象に残りやすい数字のナンバープレートを装着した車両が「カルトナンバー車両」と呼ばれ、集スト犯罪においてターゲットに対するアンカリングに使用されるものであることは後に知った。そしてbBの件について、他の被害者ブログのコメント欄に非公開で書き込みをした10日ほど後(2011年4月24日)、どういう訳かオーナーの家族はそそくさとアパートを引っ越していった…。

●固定ハンドル“R”

 固定ハンドルRは、私が資源ゴミとして出した本の内容を思い起こさせる書き込みをしていた。当然私は「自分の出したゴミがRに漁られているのでは?」と心配になり始めた(でも実際にはそんなことは起きていなかったと思います。理由はこのブログが進行していくうちにお分かり頂けるようになるでしょう)。同時に、Rも近隣住民のうちの誰かかも知れないとも思わせられた。


●「花屋」=花環店

 スレッドの中でOとRはどういう訳か、Qを「花屋」と呼ぶことがあった。これも身近の状況に思い当るものがあった。大石とかなり仲の良い友人・平井(仮名)が「花環店(慶弔の花環や看板、テントを提供する)」を私の住居前の道路を挟んだ向かいで営んでいるのだ。平井は5~6年ほど前に店舗を建て替えたのだが、その時に現在大石が住んでいる部屋に間借りしていた(新店舗が完成し平井が出て行った後に大石が同じ部屋に引っ越してきた)。
花環店(新店舗)
↑(花環店の画像。)

 大石と親しいという時点で既に平井はかなり「怪しい」(後になってこの予感が的中する)人物なのだが、Q名義の書き込み時刻・曜日を考慮すると、店が繁盛して多忙な平井本人が書き込んでいるとは考えにくかった。「花屋」という言葉も、現実と書き込みとの関連性を私に意識させるための演出であると思われた。


●固定ハンドル“T”

 固定ハンドルTは、残りのもう一方のスレッドを立ち上げていた。こちらのスレッドは2002年頃からシリーズ化しており、過去のスレッドタイトルとURLがずらりとテンプレートとして書き込まれていた。このスレッドは表向きT当人のモノローグのようなスタイルを巧妙に装ってはいたが、やはり私の行動と見事に一致する内容の書き込みが何度もみられ(実例は回を改め紹介します)、残念ながら、Tも私に関するかなり詳細な情報を得ているのは確実だった。
”T”T
↑(“T”がスレッドに自ら貼り付けた画像2点。左はTいわく本人のスナップ。モザイク処理は本人によるもの。右はTの住居から見た風景で、大阪の市街地らしいです。)



 話が込み入ってきたのでまとめてみる。

 Qの同姓キャラクタースレッド、Oの馴れ合いスレッド、Tのモノローグ調スレッド。これら三つのスレッドは4名の固定ハンドルが出入りし、関連性を持っていた。その中で共通して行われていたのは、どうやって収集したか分からない私の情報を巧みに利用する事で、書き込みと現実の関連性を私に意識させる工作である。それはさながら、固定ハンドル達が現実に私の周辺に存在する人々を演じるロールプレイであった。彼等が演じた「役」を箇条書きにすれば…

 ●Q→店の人間(同姓キャラクターのスレッドにおいて)、平井(馴れ合いスレッドにおいて)、他
 ●O→bBオーナー(馴れ合いスレッドにおいて)

という具合になる。

 つまり嫌がらせをするグループ内で、近隣住民と書き込みをしている者は別々の人間なのだ。狙われる方はそれが同一人物の仕業であると思わせられるだろう。当然、実際に私と接触する機会がある「現地のグループ」には、トラブルに発展するリスクも発生する。だが嫌がらせグループを近隣のチームとネットのチームに分離・役割分担しておけば、近隣のチームが実際にトラブルに陥った場合でも、「②破壊工作」で紹介した事例のようにシラを切り通す事が可能になる。こうした布石を打っておけば工作が発覚しても事件として処理されずに済む。

 こうした工作によって、私はまず恐怖と混乱にさらされた後で様々な周囲の状況に疑念を抱くようにさせられる。そして、現実に自分を取り巻いている人々との間に軋轢が生じやすい(実際にスレッドの工作と現実との間に関連があろうとなかろうと)状態が醸成され、実生活が徐々に破綻し始める。しかし、周りの者からは私が「自滅した」ようにしか見えない…。こうした不気味なシナリオの実効化が、これらのスレッドの狙いのひとつであったと考えられる。


 そして、書き込まれる情報の量・質はもはや、単なる「流出」という範疇に留まらない状況を呈していた。

 私は、今回紹介したようなスレッドを「監視スレッド」と呼ぶことにした。なぜなら、組織的な何らかのコネクションが自分を「潰す」ために監視している…例えば盗聴・盗撮などの手法を用いて…という、信じ難いような事態に陥れられた可能性を想定し始めなければならなくなってきたからだ。

(続く)

スポンサーサイト


Category: これまでの顛末   Tags: 2ちゃんねる  監視スレッド  アンカリング  

2ちゃんねるで起きたこと~⑤監視スレッドの発見(後篇)

 前々回は、同姓キャラクタースレッドによって私に誘導をかけた犯行グループによる監視スレッドについて紹介した。過去記事「2ちゃんねるで起きたこと~①誘導」でも触れたのだが、実は当時そのほかにもう二系統、それぞれ別の板に監視スレッドを発見していた。ひとつは私の下の名前を含むタイトルに、もうひとつは服装を揶揄した内容のタイトルになっていた。


 下の名前をタイトルにしたスレッドは、かなり以前からシリーズ化していた。2ちゃんねるの過去ログでは最古のもので2007年12月に立てられたスレッドを確認する事ができた。そこでは10名以上の固定ハンドルが出入りしていたが、この連中は「ある固定ハンドル」の「ファンクラブ」会員を名乗っており、ハンドルネームには会員番号が割り当てられていた。「ある固定ハンドル」とは、私の下の名前を名乗っている人物である。
下の名前をパクった固定の画像
↑(当該スレッドのまとめサイトに掲載されていた下の名前を名乗る固定の画像。)

 同姓キャラクターのスレッドで私の役柄をロールプレイした“Q”は、私の名字をハンドルネームにした。同様にこの監視スレッドにおいても私の下の名前を名乗る者がいたのだ。勿論当初はこの事実をそんな風には捉えず、単なる偶然の一致であると考えようとしたのは言うまでもない。しかし残念ながらやはり、過去ログを調べていくうち名前以外にも私の生活行動との時系列的な一致点が見られたのだ(詳細は次回以降記事にします)。

 当然だが私は「ファンクラブ」が出来るような人気者ではない。この語句の意味するところは「追っかけ」、つまり私の「監視」を行うグループの存在である。

スレッドの冒頭には…
 ○「2ちゃんねる生活を●●(←私の下の名前)に捧げよう。」
 ○「会員の皆をガッカリさせる“安価”を出さない。」
 ○「外部の人間に迷惑がかかるような行為・犯罪を“安価”に出さない。」
といった「ファンクラブ規定」なるものが書き込まれていた(「」内の文章はあくまで大意です)。

 はじめ私には「安価」という語句が何を意味するのか分からなかった。スレッドは表向き「アンカーで指定された番号のレスに書いてある課題をスレッド主に実行させ、スレッド主はその証拠を写真等をupし報告する」という内容を装っていた。ちょうどTVのバラエティ番組によくありそうな企画を2chでやろう、というのだ。つまり「安価」とは「アンカー」の事だというのである。しかし、読み進めていくとそうではない事が分かった。そこは会員を名乗る固定達の馴れ合いの場所にしか見えなかったのだ。

 このスレッドにおいては、「安価」が集団ストーカー犯罪の基本的手法である「アンカリング」を意味している、と分かったのは、だいぶ後になってからの事だった。



 既に被害の只中におられる方ならご存知の通り、アンカリングには様々な手法が存在する。加害側は、時と場合に合わせ手法を使い分ける必要が生じる。その選択・決断には一定の判断能力が要求されるだろう。

 私はネット・マスコミを用いる「情報戦」アンカリング以外にも、生身の加害者を動員した「白兵戦」アンカリングも嫌という程経験している(詳細は折を見て記事にまとめるつもりです)。そこで生身の加害者共をつぶさに観察していると分かるのは、この連中が不気味なほど統制がとれていることだ。こちらがアンカリングに気付き何らかのアクションをとった場合でも、何食わぬ顔で切り抜け、決定的な失策を冒したことがない。だが見る限り、加害者共の人となりは様々である。賢い者もいれば、そうでない者もいるのではないだろうか。それなのに連中はどんな事態に陥っても、まるで何かに操られたかのような「適切な行動」をとるのだ。それは現場での判断(任せられるようになるには厳しい訓練が必要なはず)ではなく、どこかから現場への、非常に的確な指示のなせる業だと思う。

 前々回の記事「④監視スレッドの発見(前篇)」後半で嫌がらせグループのリスクヘッジについて紹介したが、それに当てはめて考えれば「ファンクラブ会員」達はネット担当チームということになろう。であれば、この連中は白兵戦の現地には赴かないユニットと考えられる。ここで前述した「ファンクラブ規定」に注目していただきたい。そこからはこの連中が、私に対して近隣のチームが実施するアンカリングに関し何らかの指示を出すオペレータである、という構造を想像できはしないだろうか。その指示の的確さと、掲示板での嫌がらせにおけるズル賢さ(犯罪として立件されないような個人情報に絞った暴露が行われる、等)から考えると、ネットチームの連中は(褒めるわけではないが)決して馬鹿の集まりではない筈だ。そしてその指示如何による工作破綻の危険性を伴う以上、この役割を担うのは何らかの基準を満たした者でなければならないだろう。そのための一定のスキルを身につける訓練や試験も行われているかも知れない。

 しかし馴れ合いの場という偽装が施されたこのスレッド内では、残念ながら現地チームとネットチームとの連絡に使われた形跡を見つけるのは困難だった(この事実からは、現地への指令には別系統の通信手段…単純に考えればそれは携帯電話やメールなのだが…が使用されているという仕組みが見え隠れする)。

 また被害状況を考えるに、オペレータが現地チームの指示役だとすれば、指令を出す時点で私に関する確実かつ詳細な情報を入手していなければならない筈だった。ではその情報は彼らが一体どこから、どのようにして得ているのか…?

 この疑問は最大の謎として、被害初期の私の推理を翻弄する事になる。



 もう一系統の監視スレッドは、服装に関する揶揄と私の名字を合わせたタイトルとなっていた。ここでも前々回の記事の時と同様、出入りする固定ハンドルが数名に限られていた。それらを検索にかけたところ、同じ板の中に私の話題を扱っているスレッドシリーズをさらにいくつか発見した。これらのスレッド内でも、名字が晒されていたほか、私の生活行動と書き込みとの間に時系列的一致が何度も見られた(詳細は次回以降記事にします)。服装に関する揶揄が、その頃よく着用していた帽子を連想させるものだった為、私はまたしても、(服装を直接目視で確認可能な)近隣住民が書き込みを行ったのでは?と思わされた。


 ここまで来ると、恐らく確認できたもの以外にも監視スレッドがかなりの数存在するであろうことは容易に想像がついた(この想定が間違いでなかったことは後に確認される)。だが、検索機能のみを使ってこれ以上スレッドを発見するのは困難だった。仮に発見できたとしても、一個人の力で多くの監視スレッド全てを観察するのは不可能であったろう。なぜならこの時期、謎めいた恐ろしい現象の連続に私の心理的ストレスは極限に達していたからだ…。

(続く)


Category: 証拠 > 2ちゃんねる   Tags: 2ちゃんねる  監視スレッド  

2ちゃんねるで起きたこと~⑦各スレッドの検証(中篇)

 今回も被害初期に発見した監視スレッドの内容について紹介していく。どのように私に関連した情報が書き込まれていたかや、2ちゃんねるにおける集団ストーカー犯罪が実際どんな手法をとっているかをご覧いただきたい。

(本来は保存している当該スレッドのURLやキャプチャを掲載したいのですが、私の本名や日常生活の多くが書き込まれている為、どうしてもここでは公開できません。また、書き込みの内容として「」内に記載した部分は大意です。その点をご了承ください。)



④…“T”のモノローグ調スレッド、1(2009/1~2010/1)
  ”T”T
  ↑(“T”がスレッドに自ら貼り付けた画像2点。左はTいわく本人のスナップで、画像処理は本人に
  よるもの。右はTの住居から見た風景で、大阪の市街地らしい。)
 ○「②破壊工作」で記事にした店の元店長の下の名前をハンドルネームにして書き込む者がいた(恐
  らく固定ハンドル“Q”と同一人物)。
 ○固定ハンドル“O”が現れ、③に挙げた馴れ合いスレッドへの誘導をかけた。
 ○“O”が“Q”に対し元店長の名字で呼びかけた。
 ○私が口腔外科で行った親不知の抜歯について仄めかす。
 ○私の名字・似顔絵を晒す。
  似顔絵、1
 ○元店長にそっくりの画像を貼り付ける。
  元店長に酷似した画像
 他多数。

⑤…“T”のモノローグ調スレッド、2(2010/2~2010/7)
 ○私の名字を晒す。
 ○2chであるスレッドを利用した後、“tanasinn”というレスがつくことがあり気になっていた。意味
  が分からなかったので検索したところ、すぐさま同様のレスがAA付きで書き込まれる(私は
  “tanasinn”がこの犯罪に関係した語句なのではないかと推察しています。後に記事にしたいと思い
  ます)。
  タナシン(Tのスレ#2よりキャプチャ)
  ↑(当該スレッドからのキャプチャ。)
 ○家族と喧嘩になったことをAAで仄めかす。
 ○自宅の居間にバランスチェアーが置いてある事を仄めかす。
 ○盗聴対策(当初はよくある「盗聴器」が犯行に利用されていると勘違いしていた)として、当時一
  日中付けっぱなしにしていたAMラジオの放送内容(NHK第二放送)に反応した書き込みをす
  る。
 ○外出に関して仄めかす。又、この時の外出先での会話内容は類似の掲示板「3ちゃんねる」(現在は
  何故か閉鎖状態にあり閲覧不能)に一部ではあるが書き込まれた。
 ○この犯罪に対して断固抵抗する、という内容の家族との会話に反応、「うぬぼれんな」と書き込
  む。
 ○別スレッドの固定ハンドルに関し私が言った「こいつ誰なんだよ」という独り言に反応、「お前こ
  そ誰なんだ?」と書き込む。
 ○「もう勘弁してくれよ」という独り言に反応、「お断りします」と書き込む。
 ○「②破壊工作」で記事にした、ある店との一件について家族で話し合いをしたところ反応、その様
  子を揶揄するAAを貼り付けられる。
 ○私の容姿に関する中傷をする。
 ○どういう意図で書き込んだのか分からないが、“T”が自ら「自分が小学生の頃に、母親がS会に入
  った」と告白する(注:一般的にこの犯罪において主犯格とされている宗教団体がありますが、当
  ブログでは妨害工作としてのログデータ破壊回避の為、その団体を「S会」と表記します)

 他多数。

⑥…“T”のモノローグ調スレッド、3(2010/7~2010/9)
 ○私が自宅内でS会を茶化す替え歌を歌っていたことを仄めかす。
 ○録画して視聴したTV番組(テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」)の内容(航空自衛隊の話
  題)を仄めかす。
 ○携帯電話の電源ONに反応して仄めかす。ロービング・バグ(携帯電話の遠隔操作による盗聴・盗
  撮。私のケースでは使用されていません)を疑わせるためのミスリードと思われる。
 ○私の名字を晒す。
 ○「②破壊工作」で記事にした店に、2chでの出来事に関し調査依頼をしたが、期待した結果が得ら
  れず家の中で不満を口にしたところ、「無関係!無関係!」と書き込まれた。
 ○寝室を掃除していたところ、同時刻に「おへやおそうじ」と書き込まれた。
 ○「②破壊工作」で記事にした店との付き合いを止めた日に、それを喜ぶ書き込みをする。
 ○私の容姿に関する仄めかしをする。
 ○独り言で時刻を口にしたところ、すかさず「●時●分をお知らせします」と書き込み仄めかす。
 ○自宅でのエアロバイクの使用に関して仄めかす。
 ○「②破壊工作」で記事にした店の社員を装った書き込みをする(“Q”によるロールプレイ)。
 他多数。

⑦…“T”のモノローグ調スレッド、4(2010/9)
 ○「②破壊工作」で記事にした店の社員を装った書き込みをする(“Q”によるロールプレイ)。
 ○当時よく聞いていたラジオ番組のオープニンングの言い回しと全く同じ文言を書き込む(この番組
  の出演者がS会構成員かどうかについて、家族と会話した事を仄めかすため)。
 ○「●●(私の名字)君の照会出来ました」と、通信会社の社員を装い、登録したばかりの私の契約
  情報の不正な照会が早速行われたかのような書き込みをする。通信会社とのトラブルを画策した工
  作。
 ○どこの通信会社と契約したか把握していることを仄めかす。
 ○オフライン状態のPCでDVDビデオを再生したところ、すかさず「リーク!リーク!」と書き込む。
  モニター画面の傍受を行う技術・TEMPEST(私のケースでは使用されていません)の使用を疑わせ
  る為のミスリードと思われる。
 ○ネットで検索した内容を、一時間もしないタイミングで仄めかす(スレッド内に度々名前が登場す
  る“T”の好むミュージシャンが、S会構成員かどうか検索した)。
 ○私の容姿を嘲笑する。
 ○ロービング・バグ(私のケースでは使用されていません)を疑い携帯電話の使用を控えていたとこ
  ろ、「メールマガジンしか来ないんだからいらねえよな」とそれを仄めかす。
 ○私が自宅内でS会を茶化す替え歌を歌っていたことを仄めかす。
 ○「話が脱線しすぎだろ」と、私の家の中での会話の様子を茶化した書き込みをする(スレッドの流
  れとは関係なし)。
 他多数。

  


 こうした証拠をご覧になった皆さんの中には、「2ちゃんでよくある只の喧嘩じゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかと思う。しかしふたつの同姓スレッドに数回レスして以降、私は2chに一切書き込みをしていない。今現在も2chの専用スレッドを使う嫌がらせは延々と続いているものと思われるが、こちらが全く書き込みしていない状態で、そのような一方通行の状況が長期間続くのは明らかに異常ではないだろうか?

 また確かに昨今は、恣意的に自分から個人情報を流出させてしまっていることも、絶対にないとは言えない社会になってしまっているのも事実だ。その結果例えば2chでは、個人的なコンテンツに目をつけ、面白半分で監視する「ネットウォッチ板」などという板も存在するようである。だが私の場合、被害に気付く以前2chには散発的に書き込みをしていたが、ブログやプロフ、SNSの類は全くやった経験がなかった。他には、TBSラジオの「アクセス」という番組の公式サイトに定期的に書き込みしていた事はあった(だがどういう訳か、私の書き込みが掲載されたことが一度もなかった)が、そこで監視スレッドに描写されているような私生活の細かな様子などをコメントした事は勿論なかったのだ。


 何らかの手段による個人情報の奪取とその無断での公開、ならびに情報をネタとした誹謗中傷や脅し…。そんな犯罪行為が、本人も知らぬままネットという地下社会で脈々と続けられていた事実を、次々と見つかったこれらのスレッドがまざまざと私に見せつけていく。

(後篇に続く)


09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08   10

プロフィール

MALDASHI-X

Author:MALDASHI-X
神奈川県在住の集団ストーカー対象者。異常な情報収集をソースとした様々なハラスメントを24時間365日受け続けている。

特定の政治的思想は持っておらず、宗教団体に所属していた経歴もない。

被害に気が付いたのは'09年11月だが、加害の開始がいつからなのかは判然としない。

カテゴリからの記事検索
調べたいカテゴリをクリックして進んでください。表示される記事数は3記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
月別アーカイブからの記事検索
クリック後に表示される記事数は5記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。