Archive RSS Login

実録・神奈川の集団ストーカー犯罪

この国にも自分達だけの特権に酔い痴れる「選民」気取りがいる。私はその獣達によって社会的に抹殺された。自我という概念が消滅しつつある危機を知らしめるべく、ここに私の体験とそれに連なる真実を記す。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 街宣活動   Tags: 街宣  2ちゃんねる  神奈川県警  遠隔人体通信  

横浜街宣への参加

 「集団ストーカーの被害者団体」として有名なある組織が、2011年6月15日、横浜駅西口にて街宣を行った。私は、自分以外に被害者がいるのなら実際に会って情報交換してみたい、という思いがあり、近場で行われたこの街宣に参加した。

 私にとって、このような演説は初めての経験である。人前で話す事すら苦手な人間が、このようなシチュエーションで群衆に語りかける事が出来るか不安だったが、どういうわけか、殆ど緊張することなくメッセージを伝える事が出来た。

 当日、私が演説に使用したテキストの抜粋を、ここに転載してみたい。私の具体的被害状況に関して述べているので、自己紹介も兼ねて。


 <以下転載開始>


(前略)

 集団ストーカーについてご存じない方も、個人情報の流出に関しては気にならないという方はいらっしゃらないと思います。もし皆さんがそのような事態に巻き込まれたとしても、外部に蓄積された内容以上の情報の拡散は起こり得ません。又、流出した情報が必ずしも悪用される、とは限りません。

 しかし、そういった一般的な場合と異なり、一個人の力においては全く防ぐ事が出来ないばかりか、警察に被害を訴えても、犯罪として扱われないという個人情報流出が存在します。

 集団ストーカーという犯罪に巻き込まれた場合、あくまで私の場合ではありますが、通常のケースとは異質の非常に詳細な個人情報の流出が発生し、それをソースとして被害者に対し様々な嫌がらせが行われます。

 私が被害に気付きましたのは、2009年の11月頃でした。匿名掲示板「2ちゃんねる」内において、自らの行動を常に監視している内容のスレッドを偶然発見しました。

 そこに書き込まれていたのは、氏名・住所・電話番号といった、過去どこかに入力した情報ではなく、食事・睡眠・排せつ・入浴・外出といった、私個人の毎日の生活の内容でした。それらは時系列に沿って私の行動と見事に一致していました。いわば、私の日常生活の実況生中継とも言える監視行為が、24時間・365日、何者かの手によって行われていたのです。

 これを確認した時、私は大きなショックを受けました。一週間ほどは、しばしば動悸が収まらない状態になり、ほとんど眠ることもできず、食事ものどを通りませんでした。これは明らかに嫌がらせに当たる行為ですが、ここまでひどい仕打ちを受けなければならないような原因は、自分自身には思い当りませんでした。

 私はこの時初めて、こうした手法による犯罪が「集団ストーカー」と呼ばれ、隠れた社会問題となっていた事を知りました。

 私はなんとかしてスレッドの実況中継を食い止めようと試みました。このような中継を行うには、何者かの不法侵入によって設置される類のカメラ・マイク・通信機器が必要な筈です。私はそういった物を除去しようと何度も家中を探しましたが、何も発見できませんでした。又、携帯電話の遠隔操作による盗聴・盗撮を疑い、使用時以外は携帯電話の電池を外して保管してみました。しかし、その間もスレッドの実況中継は継続されました。

 その後も一年ほど、この執拗な監視において、どのような手段が使用されているか探るため、さらにスレッドの観察を続けていきました。しかし、たどり着いたのは衝撃的な結論でした。

 私は、自分の行動を手書きのメモに記録し、スレッドに書き込まれた内容との比較を行いました。その結果、スレッドにおける実況中継は、私自身の目・耳・脳を通して行われている、という事がはっきり確認できたのです。言い換えるなら、遠隔地からの生体データの読み取りを行い、特定個人を監視するシステムがすでに稼働している、と考えざるを得なくなったということです。

 私は専門家ではないですから、皆さんに対して、この現象がどのような機材によって可能になっているかを具体的に説明申し上げる事は出来ません。それでも私は、自分の過酷な体験を通して、このような技術が既に存在しているという知られざる実態についての、生き証人になる事は出来ます。

 私はこの犯罪に関していままで6回ほど神奈川県警に相談し、捜査をしていただくべく被害を訴えました。しかしどういう訳か、記録や被害届が作成されないだけでなく、私が証拠として用意した資料にきちんと目を通す事すらしていただけませんでした。

 (中略)

 この集団ストーカー犯罪の発覚を契機に、一刻も早く国がしなければならないのは、この遠隔人体通信技術と、それを利用した監視システムの存在を公にする事です。そして、それが本当に社会にとって必要かどうかを、管理する側の論理としてではなく、私達市民の立場として議論し始めていかねばならないのではないでしょうか。

 自分の意見をここで申し上げるなら、私はどのような理由があろうとも、このような監視システムを用いた過剰な管理社会の構築には、絶対に賛成する事はできません。このシステムは人間を不幸にすることはあっても、決して幸せをもたらすことなどありえないと、自身の過酷な経験を通して知っているからです。皆さんはどうお考えでしょうか?

 <以上転載終了>



 世界では残念ながら、悪魔に魂を売った者達(それは決して少数ではない)に、残りの人々が無意識のうちに騙され、翻弄され続けている。

 そのなかで私はようやく、驚くべき異常な現実について覚醒した。

 私が暗殺されたとしても、また別の人がターゲットにされるだろう。管理する側としてはアジェンダどおりのつもりかも知れない。しかし私に言わせればそれは、覚醒する人がまた生まれるという事である。

 だが最期の時が訪れる(それがどのような形でやってくるかは分からない)までは、私がデコイとなって悪魔からの攻撃を一手に引き受けよう。欠席裁判によってウェイティングリストに無理矢理エントリーさせられた人々の、平穏な日々が一分一秒でも長くなるように…。

 最終的に、悪魔の画策する狂気じみた「新しい秩序」が確立されるにしろ、しないにしろ、私によるこの告発を、もう誰にも止める事は出来ない。

スポンサーサイト


Category: これまでの顛末   Tags: 2ちゃんねる  殺害予告  

2ちゃんねるで起きたこと~①誘導

 今回からは、実際の被害記録を頼りに、今まで私がどんな目に遭ってきたかを振り返りたい。

 自分の知らぬうちに、生きながらにして地獄に突き落とされていたことに気が付いたのは、2009年の秋だった…。


 人間という動物の心理は、自分以外の者に対して、見た目の印象という要素で無意識のうちに選別をおこなってしまうようにできている。そして、見た目の優劣から発生する個々のコミュニケーション能力の差は、今までずっと、社会の形成に必要な選り分けのうちで最初の評価基準となってきた。残念ながら現状では未だ、人類はそういう本能に頼ったプロセス抜きには日常生活さえ営めずにいる。

 私は元々風体の目立つ人間だから、他人から好奇の目で見られたり、不審人物扱いされる事はよくある。何の自慢にもならないが、外出時に不愉快になるような言葉を投げかけられたり、嘲笑されたりするのが日常茶飯事だ。それは、自分をいつもネガティブな気持ちにさせるが、生活様式を工夫することで乗り切ってきた。実は今でも私は、こうした出来事は集団ストーカーとは関係ない(あくまで私のケースにおいてだが)と考えている。

 しかしある時期から、外出時に中傷を浴びせられる場面で時折不思議な現象が見られたのも事実だった。そこに私の風貌や立ち振る舞いの特異性に関する指摘だけでなく、普通は外見だけでは判断し得ないはずの情報が含まれるようなことがあったのだ。私ははじめ「最近は”眼力”を持った人が増えてきたのかな?」とか「人と接する機会の多い職業の人なら、外見だけでも多くの情報を得ることが出来るのかも知れないな」とか、単純に解釈しようとした。だが、一方で、裏には何かもっと緊密な「口裏合わせ」のようなものがあるのではないか?と感じ始めてもいた。

 例えば、現代においてその悪意ある「口裏合わせ」は、インターネットを悪用すれば簡単に成立させられる。昨今のネット上における人権侵害の実情を考えれば、そうした世界において自分の話題がもっと悪い形で俎上に上がっていても何の不思議もなかった。まして、悪い意味で「目立ってしまう」自分のような者は、格好の標的にされやすい筈だった。私は時折、検索エンジンに氏名を入力し、自分がネットに祭り上げられていないか確認しては、「口裏合わせの存在など杞憂に過ぎない」と自分に言い聞かせようとした。

 だが二年前、当時よく利用していた「2ちゃんねる」で、スレッドタイトルの検索ボックスに自分の名前を入力した時に、杞憂はついに過酷な現実となって目の前に現れた。私に対する嫌がらせが目的と思われる、名前がタイトルに使用されたスレッドが複数見つかったのだ。



 まず私の名字と、下の名前をタイトルにしたものが、それぞれ見つかった。名字を用いたスレッドには、私の服装を連想させられるようなタイトルになっているものと、私と同姓の気色悪いキャラクターがスレッド主として登場し、非常に下品な一人芝居のような形でレスが展開されるものがあった。下の名前をタイトルにしたものは、名前以外には自分との明確な関連性をこの時点で認める事が出来なかったが、反面、テーマが何であるのかを即座に判別する事も出来ないという不可解な内容のスレッドでもあった為、しばらく監察対象とする事にした。

 いずれのスレッドに関してもはじめは、同じ名前の赤の他人についてのものだ、と思おうとした…同姓の著名人のスレッドだってあるのだからそういう偶然は起こりうる、と。私は内容を詳しく確認していくことにした。

 スレッド内では、いわゆる個人の特定情報が公開されている訳ではなかった。だが同姓のキャラクターが登場するスレッドでは、名字のほかに私の生まれた年の数字が、一見意味不明のレスの端々にちりばめる形で、何度も何度も繰り返し書き込まれていた。これだけでも、個人情報を収集できる何者かが、私に発見される事を承知でスレッドを立ち上げたのは本人の目からすれば明らかだったが、私はさらに、その認識が動かしがたい事実となる証拠を目にすることになる。

 自分そっくりの似顔絵の画像が多数貼り付けられていたのだ。

似顔絵、1
似顔絵、2似顔絵、3
似顔絵、4似顔絵、5
似顔絵、6似顔絵、7
 ご覧のとおり、似顔絵はすべて似たようなタッチで極端に単純化されてはいるが、私の顔の特徴をよく捉え、カリカチュアライズして描いている。

 そこでの書き込みの中には「いつか切るからな。」という、殺害予告とも取れるレスもあった。

 一体誰が、何を目的としてこの不気味な嫌がらせをしているのだろう?私をよく知っている者だとしたら、相手は知り合いのうちの誰かだろうか?近所の住民だろうか?どこか私がよく行く場所にいる人間だろうか?それともネットを介して繋がっただけの、実際には会った事などない何者かなのだろうか?知らない人物が相手だとしたら、どうやってブログもプロフもやった事のない私の情報を集めたのだろうか…?

 私はレスの中で小出しに提示される自分の情報を頼りに、様々な可能性について考え始めた。しかし、この時点では納得できる答えは見出せなかった。


 この気色悪い似顔絵による誘導をきっかけに、私は自分の生活する身近な世界でさえ、知らぬうちに常識を超えた歪な形に変容していたことに気付き始める。

 (続く)


Category: これまでの顛末   Tags: 2ちゃんねる  

2ちゃんねるで起きたこと~②破壊工作

 似顔絵の発見の次に2ちゃんねるの名指しスレッドで起きたのは、現実世界を巻き込む為の破壊工作だった。



 2009年11月末の夕方。私は当時付き合いのあったある店に予約の為電話を入れなければならなかった。この頃には名指しスレッドの内容が気になり、毎日チェックするようになってしまっていた。予約を済ませ、深夜になってから同姓キャラクターのスレッドを見てみると次のようなレスが付けられていた。

 「もう来るな。●●(私の名字)。」

 単なる偶然と思いたかったが、時系列からして電話の通話内容に反応して書き込まれたレスであるのは明らかだった。又、書き込んだ者が、私がこのスレッドを毎日閲覧しているのを知っていなければこうしたレス(私に読ませる事を目的としている)はしてこない筈、という、不気味な事実にも突き当たった。

 この書き込みを見て私は、嫌がらせの理由を「店の従業員による、気に入らない客に対する嫌がらせ」ではないかと考えた。私はそのような業種で働いた経験がないのでわからないが、接客業では店に似つかわしくない客がいた場合、様々な手を使って「規制」を行う事は普通にあるだろう、と推察したのだ。同時に、このレスが書き込まれたスレッドのタイトル自体が、この店に電話を掛ける時の私の言い回しを茶化したものだったことにも気が付いた。

 予約の日時は約一か月後だった。その時点では依然店側の犯行と断定する明確な証拠はなく、私は疑念と恐怖を抱きつつも、来店予約時間通りに店に向かう他なかった。


 結局、その日は店では何も起こらなかった。しかし、家に帰ってから同姓キャラクターのスレッドをチェックしてみて驚いた。来店予定時間の三分前の時刻に、

 「本物出てこい!」
(注:名指しスレッド内の同姓キャラクターは私の分身、つまりフェイクであるから、「本物」とは私自身の事。)

と書き込まれていたのだ。私は完全に、この一件に店側の人間が関与していると思わされた。


 しばらくしてから店側にこの件について報告し調査依頼をしたが、彼らは無関係を主張した。そればかりか、私の報告に対し不服そうな態度すら感じさせる対応を取った。

 確かに、スレッドの書き込み時刻が信頼に足るデータであると考えた場合、まともな企業の社員なら勤務時間中にこうした書き込みをするのは難しいだろう。その点では、店側の主張は論理が通ってはいた。

 だが、いったん生じた疑念は消し去る事ができず、私はこの店との付き合いをやめる決断をするしかなくなった。付き合いに際しては、料金前払いで契約していた。中途解約による料金返還は可能だったが、それについては敢えて要求しない事にした。その方がかえって、この問題をさらに継続して追及していくのに都合が良い、と考えたからだ。しかしそのあと不思議な事が起きた。

 店との直接対話は困難と判断し、私はある日の夜、その店の本社公式HPを開いて「お客様相談室」の連絡先を調べ、そこへの相談を検討し始めた。すると翌日になって突然、店側(本社ではない)の常務が何の予告もなしに自宅まで訪問してきた。その男は私が不在だったため応対に出た家族に半ば無理矢理、まだ要求などしていない前払い金の返却分を渡し、さらにそれを受領した旨の書類に捺印させた。これにより、店側は知らぬ間に契約関係を完全に絶ち、私がこれ以上の追及をする芽を摘んだ形へと持ち込んだ。

 この店との一件はこんな形で終息してしまった。



 不誠実な態度や、こちらの出方を事前に察知したかのような唐突な対応を見る限り、店側が完全に無関係とは言い切れない。しかし今考えてみれば、少なくとも書き込みや似顔絵の貼り付けを行ったのは店の人間ではないだろう。第三者である何者かが掲示板を駆使して、現実に私を取り巻いている人々との間にトラブルを起こし、生活に必要なサービスが受けられなくなるよう演出したのだ。

 …だがそうだとすれば、電話での通話内容を「第三者」は一体どうやって把握したのだろうか?

 はっきりしてきたのは、この嫌がらせがどうやら、単なるアマチュア的な愉快犯によるものではない、という事だった。


 こうして、名指しスレッドの存在を皮切りに、私の生活も確実に破壊され始めていく。

 (続く)


07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06   08

プロフィール

MALDASHI-X

Author:MALDASHI-X
神奈川県在住の集団ストーカー対象者。異常な情報収集をソースとした様々なハラスメントを24時間365日受け続けている。

特定の政治的思想は持っておらず、宗教団体に所属していた経歴もない。

被害に気が付いたのは'09年11月だが、加害の開始がいつからなのかは判然としない。

カテゴリからの記事検索
調べたいカテゴリをクリックして進んでください。表示される記事数は3記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
月別アーカイブからの記事検索
クリック後に表示される記事数は5記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。