Archive RSS Login

実録・神奈川の集団ストーカー犯罪

この国にも自分達だけの特権に酔い痴れる「選民」気取りがいる。私はその獣達によって社会的に抹殺された。自我という概念が消滅しつつある危機を知らしめるべく、ここに私の体験とそれに連なる真実を記す。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: ニュース > マツダ事件   Tags: マツダ工場12人死傷事件  

マツダ工場事件・初公判でも集団ストーカーに言及

 2年前に発生したマツダ工場12人死傷事件の裁判員裁判初公判が、2012年1月26日、広島地裁で行われた。この事件に関しては、罪に問われている被告が新聞社の取材に対し、犯行動機と集団ストーカー被害との関係について言及していた。そして2011年3月2日には、日本経済新聞と中国新聞が紙面上に「集団ストーカー行為」という単語を大手報道媒体として初めて掲載したことは当時大きな話題となった。

 初公判でも被告は集団ストーカーについて、事件の原因として言及した模様である。

 そして今回も、複数の民放TVキー局(TBS,フジテレビ)を含む大手メディアが「集団ストーカー」という語句を用いて公判の内容を報道しているので、ご覧いただきたい。


  マツダ12人殺傷、起訴内容を一部否認(TBS News i)
  http://www.youtube.com/watch?v=t9Y_rIis330
マツダ事件・初公判(TBS News iより)

  マツダ工場無差別殺傷事件裁判員裁判初公判
  殺人などに問われた男、起訴事実一部否認
(フジニュースネットワーク)

  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00216038.html
マツダ事件・初公判(FNNサイトより)


  被告側が無罪主張=本人「9人目以降覚えない」
  ―マツダ工場12人死傷・広島地裁
(朝日新聞デジタル)

  http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201201260038.html

  被告「ストーカー行為原因」(中国新聞ONLINE)
  http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201201260097.html


 ただ、記事の内容的にはあくまで、「被告は集団ストーカー行為が事件の原因である、という持論を展開した」といった表現にとどまっており、集団ストーカー犯罪とは何であるのかについて突っ込んだ解説がなされているわけではない。また、

「弁護側は、被告が(従業員から)集団ストーカー行為に遭った、と説明したのは、本人の妄想と反論。検察側は動機としているが、事件の結果と結び付くか疑問と訴えた。」(朝日新聞デジタルより)

という扱いになっているものもあり、集団ストーカーに関しての一般への認知は進むものと思われるが、同時に間違った認識を招く恐れもないとは言えず、その点は注意が必要だと感じた。

 3週間にわたって、18回行われる公判の成り行きが注目される。



 個人的には街宣終了後、新たな異変に見舞われている。それは、今までのこの犯罪に対する私の認識やアプローチに関して、大きな軌道変更を及ぼしかねない程の事態である。予想だにしていなかった事の流れに大変困惑しているが、とりあえずは少し時間をかけ、落ち着いて状況を観察するしかない。

 次から次へと新しい脅威が発生する、集団ストーカー犯罪の底なしとも思える恐ろしさ。いったいどこまで拡大していくのだろうか…。
関連記事
スポンサーサイト


11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

プロフィール

MALDASHI-X

Author:MALDASHI-X
神奈川県在住の集団ストーカー対象者。異常な情報収集をソースとした様々なハラスメントを24時間365日受け続けている。

特定の政治的思想は持っておらず、宗教団体に所属していた経歴もない。

被害に気が付いたのは'09年11月だが、加害の開始がいつからなのかは判然としない。

カテゴリからの記事検索
調べたいカテゴリをクリックして進んでください。表示される記事数は3記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
月別アーカイブからの記事検索
クリック後に表示される記事数は5記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。