Archive RSS Login

実録・神奈川の集団ストーカー犯罪

この国にも自分達だけの特権に酔い痴れる「選民」気取りがいる。私はその獣達によって社会的に抹殺された。自我という概念が消滅しつつある危機を知らしめるべく、ここに私の体験とそれに連なる真実を記す。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 音楽   Tags: ジョン・ライドン  Religion  善き人のためのソナタ  

Religion

Public Image Limited - ReligionⅠand Ⅱ

できるだけ、大音量でお聴きください。。。



むか~しむかし…

 大英帝国のロンドンという街に、「腐れのジョニー」という怒れる若者がいて、仲間のチンドン屋と一緒に歌手になると言いだしたそうな。

 皆がどんな歌を聴けるかと楽しみにしていると、ある日突然ジョニーが「お~いら~は~アンチクライスト!」と大声で歌いだしたからさあ大変。街の衆はみんな教会に通うような人たちばかりだったから、そりゃあもう大騒ぎ。皆があっけにとられていると、次はこともあろうに「女王様は人間じゃない!」とまで歌い始めた。

 街の衆は案外それを面白がってジョニーの周りに集まるようになった。でもあまりにも物騒な歌を歌ったせいで、「愛国者」とかいう愚か者にナイフで刺されて、ジョニーは大けがをしてしまったそうな。挙句の果てに、街のお巡りまで一緒になって何度も嫌がらせをするようになった。頭の固い連中のやることにすっかり嫌気がさしたジョニーは、怒って海を渡り、それっきり国へ帰っては来なかった…。

 でも結局は、皆が言いたくても言えなかったことを、代りにぶちまけた正直者ジョニーの評判は国じゅうに広まり、彼(ジョン・ライドン)を知らぬものはひとりもいないようにまでなったとさ。



 さて…

 この曲においても歌の調子からして、痛烈なキリスト教批判が行われているはずだ。しかし最初の蛮勇の結果起きたことを踏まえてか、彼はこの曲の歌詞をコックニースラングという英国労働者階級独特の表現を用いて書いたそうだ。もしここでストレートな表現を用いていたら、この曲を我々が耳にする事はなかったのかも知れない。

 つまりそのくらい恐ろしい相手に、この馬鹿正直な若者は見事にケンカを吹っ掛けた、ということだ。とてもじゃないが、私には真似ができない。日本で似たような事ができたのは、前回ご登場願ったドカタのおじさんぐらいだろうか。

 私は、かつてフォークやロック音楽について回った反体制のイメージはただの幻想だったと思っている。なぜなら、そこで活躍した若者たちも、事務所という会社と契約しレコード会社に作品を大量にプレスして売ってもらっていた以上、最終的には自分達も体制の中にいることを認めざるを得なかったはずだからだ。辛辣な言い方だが…オーディオセットを普及させたかった電機メーカーの思惑の中で踊らされたにすぎなかったんじゃないか?と思う。経済という大人のゲームの中では、そういうビジネスチャンスから少しでも多くの利潤を搾り取る為なら、若者に体制のイメージを恣意的に汚させるぐらいは許容されてしまうのだ。確かドカタのおじさんに「よく似た人」も、「子供だましのモンキービジネス!」と自嘲気味(?)に歌っていたような気がする。

 若き日のジョン・ライドンの場合も、そういう枠の中での大人の駆け引きに利用されただけなのかも知れない。

 そうだったとしても、音源をプレイすればお分かり頂ける通り、この曲の持っていた「怒り」は今でも真空パックされたかの如く新鮮なままである。現在の我が国という環境においても、この作品がいまだに強いインパクトを感じさせるという事実は、図らずもジョン・ライドンがぶちまけた問題が当時よりさらに深刻化していることを証明しているのではないか。


 昔、この歌詞の対訳を自分で取っておいたはずだったのだが、探しても見つけられなかった。ネットでもいい対訳が見つからなかった。本当はここに訳詞を載せたいのだが、英語は苦手なので、できもしない翻訳をするのはやめておく。

 そうだ、いいことを思いついた。



 このブログを下書きの段階から「鬼畜にとってのGoogle」(違う?…まあコードネームは何でもいい、私は使う側じゃないのだから)とかいう物騒なもんで見ている人たち、たくさんいますよね?はっきり言って迷惑です。完パケした記事を私がUPし終わってから、ちゃんと「通常のブラウジング」でアクセスして読んで下さい。よろしければ拍手ボタンも押してからお帰りくださいませ。アクセス解析開くのとかめんどくさいのでw

 結構著名人の人も見てくれてたりしてるのも知ってますよ。

 で、ジョニー・イングリッシュ…もとい、洋楽にメッチャ詳くて、丁寧に日本語を操るあなた!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3
メールアドレス分かるんでしょ(教えた覚えなどないんですけどね)?この曲の歌詞訳して教えてくれませんか?ぜひお願いします。

善き人、スチール、1
↑<こんな感じで収録でしょうか。何か似てるように思えるけど…多分気のせいです。(映画『善き人のためのソナタ』より)>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E3%81%8D%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF
http://www.albatros-film.com/movie/yokihito/intro.html


 こんなことを書くと、記事をUPする前にタイミングよくhttp://www.nhk.or.jp/fm/sunshine/へリクエストする信者が湧いているかもしれません。まあ、怖い番組だと知ってからは全く聴かなりました(知らない音楽に触れる場所を失くしてしまったのはちょっと寂しいのですが)から、もうどうでもいいことですが。。。

 というか、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%95%99
も絡んでる話かもしれないので、そもそもこの曲のOA自体がNGかも。違いますか?

ペンドルヒル、1
↑<Pendle Hillという場所だそうです。きれいな所です。>


 …とにかく集団ストーカーは、しつこい。催涙スプレー撒いた位じゃ埒が明かない。

<注:記事中特定の宗教の名前を出しましたが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の単独犯行主体として確定した、という意味ではない点をご了承ください。>



~今週のおまけ★よい子のみんなには関係ないコーナーだよ。~

一度も会ったことない奴だろうしどこの凶弾の連中か知らんけど…

こっちと同時にログインして入力中の記事消したりタグ欄に“null(無意味、の意)”とか書き込んでジャマした不届き者いるよな?あと、下書きしてる最中の他人の文章をパクりつつ長い巻きグソみたいなどうでもいい長文に膨らまし、こっちの投稿に先回りしてUPしてる野郎!一番腹立つわ~(まあこの手のことやってる輩は掃いて捨てるほどいるのもとっくに知ってるけど)。そんでどうせ本家がUPした時点で「パクられましたぁ~(怒)」とかぬかすの見え見え。うっかりボロ出すのに期待してマークしてたがもう見んのやめたから勝手にしろ。皆様~、あくまでオリジナルはこちらでございやす~wどうせ告発したってなんも変わんねえんだったら遺書ぐらい書かせろっての。どうしても止めさせたけりゃgdgdタモリ漁法ばっかやってねえでテメーが代表してさっさと殺しに来りゃいいじゃん。どうせまたすずきまさのりが揉み消すんだろうから狂団のヒーローになる大チャンスだYo!何が“Wizard”の「黒魔術」で「忘恩を糾」するだよ調子こきやがって。どんな言い逃れしたってお前等がやらされてる完全犯罪はれっきとした「ヒ・ト・ゴ・ロ・シ」だからさ。死ぬまで…いや、死んでも呪ってやる。集狂に入っていようといまいと、人が全ての現世から切り離されるその瞬間には、誰でも魂が一旦フラットな状態に戻っちゃう(熱に浮かされていた者も忘れていた自我を取り戻す)んだよ。そんときにお前達は必ず、作り物でない「本当の地獄」を見ることになるけども、どんな阿鼻叫喚に陥っても「同志」ですらその恐怖からお前を救う事はできない…それを恐れて今の生き方を選択してしまってるにもかかわらず。おお怖っ。

も~知~らないっと。

どうだ改行のない長文の行間を読まされる気分は?一応わかりやすくはしといたが。


関連記事
スポンサーサイト


07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06   08

プロフィール

MALDASHI-X

Author:MALDASHI-X
神奈川県在住の集団ストーカー対象者。異常な情報収集をソースとした様々なハラスメントを24時間365日受け続けている。

特定の政治的思想は持っておらず、宗教団体に所属していた経歴もない。

被害に気が付いたのは'09年11月だが、加害の開始がいつからなのかは判然としない。

カテゴリからの記事検索
調べたいカテゴリをクリックして進んでください。表示される記事数は3記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
月別アーカイブからの記事検索
クリック後に表示される記事数は5記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。