Archive RSS Login

実録・神奈川の集団ストーカー犯罪

この国にも自分達だけの特権に酔い痴れる「選民」気取りがいる。私はその獣達によって社会的に抹殺された。自我という概念が消滅しつつある危機を知らしめるべく、ここに私の体験とそれに連なる真実を記す。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: これまでの顛末   Tags: 2ちゃんねる  殺害予告  

2ちゃんねるで起きたこと~①誘導

 今回からは、実際の被害記録を頼りに、今まで私がどんな目に遭ってきたかを振り返りたい。

 自分の知らぬうちに、生きながらにして地獄に突き落とされていたことに気が付いたのは、2009年の秋だった…。


 人間という動物の心理は、自分以外の者に対して、見た目の印象という要素で無意識のうちに選別をおこなってしまうようにできている。そして、見た目の優劣から発生する個々のコミュニケーション能力の差は、今までずっと、社会の形成に必要な選り分けのうちで最初の評価基準となってきた。残念ながら現状では未だ、人類はそういう本能に頼ったプロセス抜きには日常生活さえ営めずにいる。

 私は元々風体の目立つ人間だから、他人から好奇の目で見られたり、不審人物扱いされる事はよくある。何の自慢にもならないが、外出時に不愉快になるような言葉を投げかけられたり、嘲笑されたりするのが日常茶飯事だ。それは、自分をいつもネガティブな気持ちにさせるが、生活様式を工夫することで乗り切ってきた。実は今でも私は、こうした出来事は集団ストーカーとは関係ない(あくまで私のケースにおいてだが)と考えている。

 しかしある時期から、外出時に中傷を浴びせられる場面で時折不思議な現象が見られたのも事実だった。そこに私の風貌や立ち振る舞いの特異性に関する指摘だけでなく、普通は外見だけでは判断し得ないはずの情報が含まれるようなことがあったのだ。私ははじめ「最近は”眼力”を持った人が増えてきたのかな?」とか「人と接する機会の多い職業の人なら、外見だけでも多くの情報を得ることが出来るのかも知れないな」とか、単純に解釈しようとした。だが、一方で、裏には何かもっと緊密な「口裏合わせ」のようなものがあるのではないか?と感じ始めてもいた。

 例えば、現代においてその悪意ある「口裏合わせ」は、インターネットを悪用すれば簡単に成立させられる。昨今のネット上における人権侵害の実情を考えれば、そうした世界において自分の話題がもっと悪い形で俎上に上がっていても何の不思議もなかった。まして、悪い意味で「目立ってしまう」自分のような者は、格好の標的にされやすい筈だった。私は時折、検索エンジンに氏名を入力し、自分がネットに祭り上げられていないか確認しては、「口裏合わせの存在など杞憂に過ぎない」と自分に言い聞かせようとした。

 だが二年前、当時よく利用していた「2ちゃんねる」で、スレッドタイトルの検索ボックスに自分の名前を入力した時に、杞憂はついに過酷な現実となって目の前に現れた。私に対する嫌がらせが目的と思われる、名前がタイトルに使用されたスレッドが複数見つかったのだ。



 まず私の名字と、下の名前をタイトルにしたものが、それぞれ見つかった。名字を用いたスレッドには、私の服装を連想させられるようなタイトルになっているものと、私と同姓の気色悪いキャラクターがスレッド主として登場し、非常に下品な一人芝居のような形でレスが展開されるものがあった。下の名前をタイトルにしたものは、名前以外には自分との明確な関連性をこの時点で認める事が出来なかったが、反面、テーマが何であるのかを即座に判別する事も出来ないという不可解な内容のスレッドでもあった為、しばらく監察対象とする事にした。

 いずれのスレッドに関してもはじめは、同じ名前の赤の他人についてのものだ、と思おうとした…同姓の著名人のスレッドだってあるのだからそういう偶然は起こりうる、と。私は内容を詳しく確認していくことにした。

 スレッド内では、いわゆる個人の特定情報が公開されている訳ではなかった。だが同姓のキャラクターが登場するスレッドでは、名字のほかに私の生まれた年の数字が、一見意味不明のレスの端々にちりばめる形で、何度も何度も繰り返し書き込まれていた。これだけでも、個人情報を収集できる何者かが、私に発見される事を承知でスレッドを立ち上げたのは本人の目からすれば明らかだったが、私はさらに、その認識が動かしがたい事実となる証拠を目にすることになる。

 自分そっくりの似顔絵の画像が多数貼り付けられていたのだ。

似顔絵、1
似顔絵、2似顔絵、3
似顔絵、4似顔絵、5
似顔絵、6似顔絵、7
 ご覧のとおり、似顔絵はすべて似たようなタッチで極端に単純化されてはいるが、私の顔の特徴をよく捉え、カリカチュアライズして描いている。

 そこでの書き込みの中には「いつか切るからな。」という、殺害予告とも取れるレスもあった。

 一体誰が、何を目的としてこの不気味な嫌がらせをしているのだろう?私をよく知っている者だとしたら、相手は知り合いのうちの誰かだろうか?近所の住民だろうか?どこか私がよく行く場所にいる人間だろうか?それともネットを介して繋がっただけの、実際には会った事などない何者かなのだろうか?知らない人物が相手だとしたら、どうやってブログもプロフもやった事のない私の情報を集めたのだろうか…?

 私はレスの中で小出しに提示される自分の情報を頼りに、様々な可能性について考え始めた。しかし、この時点では納得できる答えは見出せなかった。


 この気色悪い似顔絵による誘導をきっかけに、私は自分の生活する身近な世界でさえ、知らぬうちに常識を超えた歪な形に変容していたことに気付き始める。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト


11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

プロフィール

MALDASHI-X

Author:MALDASHI-X
神奈川県在住の集団ストーカー対象者。異常な情報収集をソースとした様々なハラスメントを24時間365日受け続けている。

特定の政治的思想は持っておらず、宗教団体に所属していた経歴もない。

被害に気が付いたのは'09年11月だが、加害の開始がいつからなのかは判然としない。

カテゴリからの記事検索
調べたいカテゴリをクリックして進んでください。表示される記事数は3記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
月別アーカイブからの記事検索
クリック後に表示される記事数は5記事づつです。さらに記事が存在する場合はページ下部に"Next page"と表示されますので、クリックして進んでください。
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。